小顔になりたい女性を応援【コンプレックス解消で自身UP】

女性

手を出しやすい

美容整形

骨格矯正治療

小顔であればスタイルが良く見えるため、美を追求する人は、出来るだけ小顔に近づこうとする傾向にあります。元々の骨格もありますが、基本的にはダイエットをすることで、顔は小さくなります。しかし、骨格やエラの筋肉などは、ダイエットで矯正することは難しいのです。そういう場合に考えるのは小顔整形手術です。小顔整形手術の代表的なものは、骨を削る骨格矯正手術です。骨格を矯正することで、明らかに見違えるような変化を得ることができるからです。ただし、骨格矯正にはデメリットがあるため、一般的には手を出しにくい治療法であるのは事実です。まず骨格矯正にかかるコストです。エラや頬骨を削る治療で、数十万円というお金を必要とするほか、何週間もの入院を必要とするため、まとまったお金と休みが取れないと厳しいのです。骨盤自体を整形するため効果に関しては比較的評価の高い治療法となっていますが、資金的な面から手の届かない、治療が受けられないという方が少なくないのです。

ボトックス治療

骨格矯正手術が、一般的には手の出しにくい治療であることはわかりましたが、それでは何かちょうど良い治療法はないのでしょうか。そこでボトックス治療を考慮する人が増えているのです。ボトックス治療は、数か月に一度の継続的治療を必要としますが、確かな小顔効果が得られる治療として評価されてきています。代表的なものが、エラ矯正です。ボトックスは筋肉の収縮を抑える働きがあるため、エラの筋肉によって顔が大きく見える人は、ボトックスを注射することで小顔を得ることができます。ただし頬骨などの「骨」には効果がないため注意が必要です。ボトックス治療は大きな副作用も確認されていませんし、注射するだけで次の日からは普通に生活できるほか、効果もマイルドな点において、だれでも手軽に受けられる治療方法だといえます。唯一のデメリットはといえば、一回1〜数万円の治療が、継続的に行われる必要があるということです。治療後の効果は永続するものではないため、通常の整形と違って継続的な費用がかかってしまうことは覚えておきましょう。勿論1回あたりの治療法は安いので、気軽に試してみるには最適となっています。