小顔になりたい女性を応援【コンプレックス解消で自身UP】

女性

副作用が少ない施術

医療

ボトックス

小顔整形のためにはボトックス治療が効果的です。ボトックス治療とは、筋肉の収縮を抑えることで、様々な症状を改善する効果がある治療法です。小顔整形をしたり、汗腺の働きを弱めたり、脳性麻痺や脳卒中の治療にも役立てられるなど、様々な治療への応用が可能な上に、副作用が少ないのが特徴です。代表的な副作用としては、胎児への影響です。ボトックス治療中に妊娠してしまうと、胎児に深刻なダメージを与える可能性が指摘されています。現状研究が不十分なため、その安全性が確認されていないのだそうです。そのため、術後は3か月は避妊する必要がありようです。それ以外にも細かな副作用や、年齢制限などはありますが、基本的には他の治療方法に比べて、ボトックス治療の副作用は各段に少なく、その安全性の高さが人気の理由なのです。美容整形業界においては、韓国製ボトックスと、米国製ボトックスが主に使用されています。韓国製のものは安価ですが、効果が不安定です。逆に米国製のものは高価ではありますが、安定した効果が見込めます。

どちらを選ぶべきか

小顔整形のためにボトックス治療をする場合は、韓国製と米国製ではどちらを選ぶべきでしょうか。お金に余裕がない場合は、韓国製を選ぶべきだと思うかもわかりませんが、それも一概には言えない部分があります。韓国製で効果が出ない場合は、結局は高くつきますし、初回限定割引サービスを利用して米国製を試して回るという方法もあります。実際に韓国製でも十分な効果を見込めるケースもあります。一回の注射量を増やせば良いのです。そうすることで、米国製と同様の効果を期待できます。目安としては、米国製の2倍は必要と言えるでしょう。それでも米国製の方が高価ですので、様々なリスクや美容外科の治療価格を照らし合わせながら、自分の懐具合と相談すると良いでしょう。小顔整形には、ボトックス治療の他にも、骨格矯正手術があります。骨格矯正手術は、ボトックスとは別に、治療効果が明らかなのが特徴です。治療前と治療後では、全くの別人となるケースもあります。大きな変化を望む人には、骨格矯正手術の方が良いでしょう。